読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

高校サッカーの挫折、大学受験失敗、失恋。ネガティブまっしぐらの人生から立ち直る契機となったフリースタイルフットボール・スペイン語・英語・カメラ等について綴り、以前の自分のようなネガティブ人間が前向きになるきっかけになれば嬉しい。

ハロウィンでモテたいなら被り物はやめとけ

男女

※本題に入る前に、いまだにポリスのコスプレ衣装を購入していない男達に最初に言っておかなければならない。お前ら今まで何やっていたのだ?あれほどポリスを連呼しただろう。お前らはポリスを身に纏い輝く星となるんだろう?ポリスの衣装は聖闘士星矢でいう聖衣だぞ。聖衣も無しに渋谷(と書いて冥界と読む)にペガサス流星拳を打ち込むつもりか?魑魅魍魎うごめく渋谷をナメるな。返り討ちにされるどころか闇に飲み込まれるぞ。お前らは!ハロウィンという絶好の機会に!美女をゲットするんじゃろがぁ~!!!いやぁ~!!!
…失礼、少々取り乱してしまいました。それくらいにポリスのコスプレ衣装は大事なのだと言いたかったのです。いや違います。言いたかったのはハロウィンのコスプレで避けるべきポイントについてです。ハロウィンに懸ける思いが強すぎて脱線してしまいました。(ポリスについては以前の記事を参照のこと→http://masafreestyle.hatenablog.com/entry/2016/10/05/184954

)



避けるべきはズバリ被り物です。なぜなら残念ぺちゃんこヘアーになるからです。例えば女性とバーに入店したとします。そこで上着を脱ぐ感覚で被り物を脱いだ時、髪はぺちゃんこで額は汗でうっすらテカっていたらどうでしょう。あなたが相当な男前でも恐らく女性は残念な気持ちになります。いや顔面に素敵なパーツを揃え絶妙に配置されているからこそ、頭部とのギャップに女性は苦しみます。ぶっちゃけですよ、顔面が残念でも髪をそこそこにセットしていたら「それなり」に見えるのです。その錯覚を利用しない手はありません。
上記の理由で被り物は結構な地雷だと思っています。もちろん仲間内でマリオやらウォリーになりきるならむしろ被るべきでしょう。しかし、美女をゲットするというミッションを持った我々はもっと戦略的になるべきなのです。



ちなみに今年のトレンド予想ですが、PPAPブームに乗ってピコ太郎が大量発生すると思われます。ピコ太郎のコスプレ自体は、むしろ流行に敏感な男をアピールできるので良いと思います。ノリノリで歌って踊れば盛り上がる事間違いなしでしょう。ただし、チリチリパーマのカツラはやはり被るべきではないと考えます。「コスプレは額よりも下で」これが鉄則となります。



もちろん策があっての被り物ならば素晴らしい。取った帽子の裏から何か出てくるとか。しかし、周囲に流されて何も考えずに被り物をするのは危険極まりない行為だと自覚して下さい。We need strategyです。