フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

ブログのアイキャッチ画像に自分の顔写真を推奨する3つの理由

①人間関係のフィルター効果が期待できる
→僕の事が嫌いな人なら真っ先に非表示、もしくは友達から削除してくれるハズ。嫌いな奴の顔がでかでかとFacebookのタイムラインに表示されるのだから。この効果は大きい。



②世界に対してこんにちは出来る
→会ったことのない人でも「このブログを書いてる奴ってこんな顔なんだ」と認識してもらえる。とある集まりに顔を参加したら「あのブログ書かれてるAさんですよね?」なんてお声掛け頂けるかも知れない。自分の考えを既に知ってもらっていて、自己紹介が僅かでも省けるのは時間の節約になる。実際、好きなブログ記事の著者に初めてお会いした時に僕からお声掛けした事があった。ちなみに相手を間違えると死ぬほど恥ずかしい思いをするので要注意。



③シェアしてもらった時に「これは自分の記事ですよ」アピールが出来る
→自分の書いたブログが他人の共感を得て、有り難い事にシェアしてもらったとする。その時アイキャッチ画像が未設定だとどうだろう?最悪、「シェアしてくれた人が書いたブログ」として認識されかねない。これは非常に勿体ない。この事態を防ぐ目的のためだけでも、アイキャッチ画像は自分の顔写真にするべき。



え?いい写真がないですと?では僕が写真を撮りますよ( ̄ー ̄) と宣伝に繋げられますが、最近撮り疲れを起こしているので今回は自粛。