フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

「みんな仲良くしましょう」なんて実現不可能だと早く気が付いた方がいい





みんなと仲良しである必要なんて一切ないし、そもそもそんな状態は実現不可能だ。



もしみんなが仲良しなら戦争なんてこの世に起こり得ない。小学校あたりで特に「みんな仲良し」を押し付けられた記憶があるが、相性の悪い人同士を無理矢理くっつけようとするとむしろ問題が起きる。先生方は生徒同士をそんなに喧嘩させたいのだろうか?この謎の洗脳は何なのだ?



大人になっても子供の頃の感覚から抜け出せない人が結構多くて驚く。「コミュニティ内の全員が仲良くしなくちゃいけないんだ」と。自覚なく自らの正義感を押し付ける輩は本当に厄介だ。相性悪くて理解出来ない人とでも適当に上手くやっていくのが大人の生き方だ。自分の考えと合わない人が居るのは当たり前。合わなきゃ合わないで構わない。早く適当な距離感を掴みましょう。 



最悪なのは、集団に馴染めない人間を仲間外れにしたりイジメの対象とする輩だ。コミュニティに無理矢理馴染ませようとしたいのか、コミュニティから追い出したいのかもよく分からない現代の村八分。しかし、自分が子供の頃を振り返ると他人に押し付けをしていた事を反省する。「もっとこうしてよ!」と。お友達のなんだから僕と同じ事をして当たり前、僕を理解してくれて当たり前という具合だ。 



あなたは人から嫌われて当然だし、あなたが人を嫌うことに嫌悪感を覚える必要もない。合わないものは合わないと割り切ったら生きるのがかなり楽になる。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube