フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@中南米放浪中

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

苦労第一主義の皆様へ、苦労すれば成功するんですか?

苦労すること事態に満足感を覚える人が大勢いる。苦労が目的になっているとも言える。危険な臭いがぷんぷんする。年配の言葉がこれを加速させる。みんな揃って「若い内は苦労しておけ!」と。(もちろん成功するまでに苦労はきっと経験するかと思うが、自ら考える事なく代々の言い伝えをまんまコピペで言ってくる辺りが耐え難くウザい。「オリジナルの言葉で若者の興味惹けるようにまずはお前らが苦労すれば?」と言っておく)
バカ素直な若者は”成功するには苦労が必須なのか!”と考えてしまう。これが苦労第一主義者誕生までの流れだ。僕がこの流れをいい加減絶ちたい。
僕も苦労することで満足を覚えていた。例えば長時間働くことで「おれめっちゃ仕事してるわ、偉いわ~」と。いや、時間じゃなくてどんだけ成果出したかだろ馬鹿野郎。



理想を言えば苦労すること無く成功するのが一番だ、どう考えても。ていうかそもそもが違う。他人が苦労と思う事を苦労だなんて思わずに取り組めるから成功するんだきっと。だから、好きな事を追及するのが成功の近道だやはり。
僕はほぼ毎日ボールを蹴っている。現時点では一銭のお金にもなっていないにも関わらずだ。それは好きだからだし楽しいからだ。もちろん他人にやらされてなどいない。きっと僕のように毎日ボールを蹴ったり運動するなんて苦痛で仕方ない人も大勢いることと思う。僕はボールを蹴るのが好きだから継続しているし、苦労だなんて少しも思わない。日々少しずつ上達もする。
しかし「毎日欠かさずに絵を描け」と言われたら僕にとっては結構苦しい。だってそこまで好きじゃないから。絵の世界ではきっと苦労を積み重ねるだけでたぶん成功しない。



・苦労せず成功する→最高だがある種の夢物語
・苦労して成功する→ここばかりピックアップされすぎ、美談を求めすぎ
・苦労せず失敗する→容易に想像できる
・苦労して失敗する→残念無念不運。やり方まずいのかも



目標は成功することですか?苦労することですか?苦労ばかり求めていて辛くないですか?本当に求めるべきは成功や幸せじゃないですか?