読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

世界で唯一英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる男です。プロフィール写真撮影もしています。

スケールの大きな言葉に隠れる弱虫野郎に萎縮しなくていい

前職でこんなやり取りがあった。

A氏:「お前のそんなやり方、うちの会社では通用しないぞ」
僕:「は?うちの会社のやり方ということは、社長を始め役員や上位役職者達の承認済みで、就業規則にでも書いてあるのでしょうか?」
A氏:「…うるさい!黙って俺の言う通りにやれ!」



こんな奴は自分の意見を押し通したいがために、スケールの大きな言葉(この場合「うちの会社」)に隠れる弱虫だ。面と向かって「おれはお前のやり方が気に喰わない」とたった一言さえ口にする勇気がないのだ。
自分の言葉を持たない思考停止の弱虫野郎の、薄っぺらい小言に萎縮する必要なんて一切ない。こういう輩には反射的に一言返してやればいい、バカですねと。



もう3点、要注意なフレーズを記す。
①「常識的に言って~」→あなたの常識わたしの非常識

②「一般的には~」→大々的な世論調査お疲れ様です

③「みんなが言ってるよ」→みんなって言いながらそれはお前の意見なんだろ?賛同者が居たとしてせいぜい2,3人ってとこか?



<番外編>
・「新人のうちは~」→お前の新人時代て何年前だよ?半年前の常識が通用しなくなるほど現代は変化のスピードが早いんだ。ウン十年前の知識なんか博物館にでも寄贈してこい。

・「普通に~」→複数人の"普通"の感覚を擦り合わせるのが仕事だ。少なくとも仕事の場面で「普通」とか言う奴とは縁を切った方がいい



性質悪い思考停止弱虫バカの言葉なんかに振り回される必要はない。