フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

人を見た目で判断する練習をした方が良い

直感に頼らなくてはならない場面が必ずあるから。そして、日頃から人を見た目で判断して訓練を積めば感覚を研ぎ澄ます事が出来るから。



「人を見た目で判断してはいけません」子供の頃から耳タコの決まり文句である。更にこの決まり文句を強化・補強する例ばかり教え込まれる。金髪ピアスのヤンキー風あんちゃんがお婆ちゃんの荷物持ってくれた、とか。そりゃ素直な子供はこのフレーズを信じてしまうわ。でも、人を見た目で判断する重要性もとても大事だ。学校で教えてくれないなら親が教えないといけない。
笑顔が不自然、泳ぐ視線、目を合わせない、どこか落ち着かない、攻撃的な口調、顔色が悪い、服がヨレヨレ、髪が乱れてる…等。あなたが感じた違和感を大事にすることから始めるといい。明確な理由を言えなくていい。何となくでいい。”何か変だぞ”や”いつもと違うかも”と。その感覚を磨く練習を意識的にした方がいい。
 


恋愛や結婚が良い例だと思う。学歴・勤め先・年収・身長・体重…等、多くの人が所謂”スペック”を数値化可能なチェック項目として判断材料にしているだろう。スペックの高さは申し分ない人に出会ったとしても、最初に感じた違和感を拭えず関係が深まらなかった事はないだろうか。もしくはスペックの高さに惹かれて付き合ったけどすぐ別れてしまったとか。
パッと見の第一印象の判断は結構正しいと思っている。大事なパートナー選びを失敗しないためには、第一印象で「この人!」と判断出来る訓練を日頃からしなければならない。

※直観力は海外旅行でも大いに役に立ち、身を守ります。胡散臭いコソ泥野郎とか面倒くさい押し売り野郎を瞬時に見抜き、被害に遭われない事を願います。
 


「人を見た目で判断しない事」に重きを置かれ過ぎていると感じる。「人を見た目で判断する事」も是非練習して欲しい。かく言う僕もまだまだ練習中です笑