フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasato@14か国334日間の旅終了

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

「私でいいのでしょうか?」は、構ってちゃん精神の現れである

杉原杏璃さんの恋人役オーディション合格通知電話を受け取るイメージトレーニングを400回ほど繰り返しました、masatoです。
万が一合格通知の電話が掛かってきたら「ありがとうございます」と言おうと心に決めていました。仮に「私でいいのでしょうか?」と口にした瞬間に「あ、そんな自信ないなら結構です。他の人にやってもらいますわ」と言われる気がしたからです。



「私でいいのでしょうか?」と発言する人って、すげー構ってちゃんだと思うのです。この発言に対して「いやいや、是非とも君に依頼したいのだよ」と言って貰い、「え~照れます~、本当に私でいいんですか?(ドヤ顔でチラッ)」と言いたい精神が透けて見えて気持ち悪いのです。例え本人は謙遜のつもりでも嫌味ったらしく聞こえてしまいます。



指名されたら開口一番、瞬発力を持って「ありがとうございます」と言える練習を日本人はした方がいい。やりたくない雑用に指名されたら光速で断る練習も。
余計な謙遜をしたばかりに大きな機会を逃してしまうかも知れない。こんなに損な話はあらへんで。妄想から生まれた、そんな話でした。