フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

「私でいいのでしょうか?」は構ってちゃん精神の現れである





杉原杏璃さんの映画「ando Love...」恋人役オーディション合格通知電話を受け取るイメージトレーニングを400回ほど繰り返しましたmasatoです。万が一合格通知の電話が掛かってきたら「ありがとうございます」と言おうと心に決めていました。仮に「私でいいのでしょうか?」と口にした瞬間に「あ、そんな自信ないなら結構です。他の人にやってもらいますわ」と言われる気がしたからです。



「私でいいのでしょうか?」と発言する人ってすげー構ってちゃんだと思うのです。この発言に対して「いやいや是非とも君に依頼したいのだよ」と言って貰い「え~照れます~本当に私でいいんですか?(ドヤ顔でチラッ)」と言いたい精神が透けて見えて気持ち悪いのです。例え本人は謙遜のつもりでも嫌味ったらしく聞こえてしまいます。



指名されたら開口一番、瞬発力を持って「ありがとうございます」と言える練習を日本人はした方がいい。やりたくない雑用に指名されたら光速で断る練習も。余計な謙遜をしたばかりに大きな機会を逃してしまうかも知れない。こんなに損な話はあらへんで。妄想から生まれたそんな話でした。



【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 

twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube

www.youtube.com