読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

世界で唯一英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる男です。プロフィール写真撮影もしています。

スケベ心の為に人前で演技をするハメに!グラビアアイドル杉原杏璃の恋人役に全力で挑んできた

先週の7月9日(土)、生まれて初めて演技をしてきました。グラビアアイドルや映画監督に審査されるというオマケ付きです。文字にするとドえらい羞恥プレイですね。以下詳細を。



30歳を越えてなおグラビアアイドルとして活躍されている杉原杏璃さん。彼女の自伝小説「…and LOVE」の映画化(2017年3月公開予定)に伴い、25歳の恋人ツバサ役の募集をしていました。一般人も応募可能とのことで、時間あるし25歳だし杉原さんとお近づきになるチャーンス!とスケベ心を全開に、履歴書と写真を送りました。672名もの応募者から運良く書類審査を通過し、70名の演技オーディションに進むことが出来ました。
書類審査通過の連絡と共に台本が送られてきました。本番までの準備期間は4日間。セリフの暗記とイメージトレーニングに勤しみました。ちなみに演技はラブシーンの一歩手前、おっぱじめるまでの場面です。我ながら良くやりました。



当日は指定時間の1時間前に会場入りし、待合室にて本番を待ちました。その間に他の候補者と話をしましたが、皆さん事務所に所属していたり映画出演経験があったりと、いわゆる業界人でした。
元サラリーマンなんて自分だけだと思うと、自らの希少価値に震えました。動物界で言うところのクロスリバーゴリラ、またはオガサワラオオコウモリ位の希少価値があったと予想されます。



本番はこんな感じ。

f:id:masafreestyle:20160711165834j:plain
(写真はご本人ブログhttp://ameblo.jp/sugihara-anri/entry-12178824498.htmlより)



顔の小ささと線の細さが印象的でした。Gカップのおっぱいはあまり分からず残念。杉原さんに加えて映画監督さんやプロデューサーさん等、横並びになった5人に演技を審査されました。
想像してみてください、業界人の中で元サラリーマンのド素人が健気に演技をする姿を。それはそれは絶滅危惧種クロスリバーゴリラばりの心細さです。お前ら、ジャングルであんなに寂しい気持ちなんだな…。アフリカでひっそりと生活するクロスリバーゴリラを愛情一杯に抱きしめてやりたい気持ちになりました。



以前の、Freestyle Footballを始める以前の僕だったら怖気づいて辞退していたかも知れません。しかし大根役者は逃げずに全力でやり切りました。Freestyle Footballやるとグラビアアイドルや映画監督に全身全霊で挑めるようになりますよ。



ド素人の僕に時間を割き、真剣に審査頂いた皆様には感謝の気持ちで一杯です。演技後に頂戴したお言葉は忘れられない思い出となりました。関係者の皆様、ありがとうございました。



残念ながらツバサ役には落選してしまいましたが、これで11月のグアテマラ行きが正式に決まりました。おれは飛ぶぜ!そう、オガサワラオオコウモリのように!