グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

無駄遣いを2度としなくなる!お金に関する名言を1つご紹介





「無駄なお金を使わないのではない。使うお金を無駄にしないのだ」
何かの本で目にしたこの言葉に、とてもインパクトを受けました。この価値観の下に生きていると無駄使いは有り得なくなります。なぜならお金を使う場面では必ず何かしらの価値を感じているからです。また不要と判断したものには、例えそれがいくら激安であろうとびた一文お金を使わないからです。



「高価なものは悪だ。安ければ安いほどよい。」という価値観も存在します。しかしこれは違います。例えば食品。産地不明の超特価激安品を食べ続けた結果、健康を害したらどうでしょうか?後に高額な医療費を支払う事になったら本末転倒です。安物買いの銭失いというやつです。例えば旅行。思い切って憧れの土地に行ってみてはどうでしょうか?ちなみに僕は去年のお盆休みに、北海道&沖縄へ旅行しました。ハイシーズンなので多少値は張りましたが、そうであっても大変良い思い出を作ってきました。旭山動物園では、以前ローマでお会いした人に偶然遭遇するというサプライズもありました。ぼくがお金ケチって沖縄だけにしてたら、このサプライズは有り得ませんでした。



現在僕は無職であっても、そこに価値があると思えばお金を使います。1回1万5千円の茨城のバンジージャンプにも行くし、朝から築地へ2500円の海鮮ひつまぶしも食べに行きます。女性とのデートにも行きます。…何かいまいちスケールが小さいですね(笑) 無職の僕であっても使うときは使います。にもかかわらず!毎月安定した収入があるビジネスパーソンが口座の額をいちいち気にして出費を惜しむ感覚が僕には理解できません。特に若い人。若い内は絶対経験にお金を使うべきです。会社勤めの若手なら、給料なんて年々上がるように賃金テーブルが設定されていますからご安心ください。あなたの職場のつかえねー上司が高い給料貰ってるでしょ?そういうことです。



たまに高い服や腕時計を買って、お洒落して出掛けてはいかがでしょうか?たまに高級料理店へ行って格式高い雰囲気を感じてはいかがでしょうか?自分の趣味に数十万円使っちゃう若手もたまりませんね、ナイスです。大丈夫、その分無駄なものにお金使わなきゃいいだけです。例えばあなたが毎日買ってる500mlのペットボトル。そんなもん買わないで家で水筒にお茶入れてくればいいだけです。例えば休憩時のお菓子。そんなもん食ってるから日に日に太っていくんです。ペットボトルとお菓子を買わないだけで、年間に一体いくら節約できるのか計算してみて下さい。旅費なんて簡単に捻出できます。



お金を使うからには絶対元を取ってやる。元を取るだけに留まらず、何かしら身に付けてやる。この気迫だけでも人生かなり変わります。



【私masatoのホームページ↓】
https://masatostyle.jimdo.com/ 

twitter↓】
https://twitter.com/masatonstyle
Instagram↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

【親善大使を務めるグアテマラの映像↓ 】

www.youtube.com