フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

Freestyle Footballerこそブログを書くべき5つの理由

以前から薄々感じてたのですが、最近確信へと変わったので書きます。



①Freestyle Footballerは特殊技能保有者だ
フリースタイルの技が出来る人って、一般的に見たらやはり特殊で珍しいものです。例えアラ連や簡単なアッパーであっても見たことない人は驚き、沸きます。初心者でも関係ありません。自分が上手くなる過程をブログという形で残せば、今後始める人の参考になります。これは上級者には成し得ない事です。"初心者が技100個メイクするまでの記録ブログ"や"夢を現実に~3dexへの道"など、タイトル次第で読者が付きそうです。



②宣伝告知が出来る
どこで何時からパフォーマンスやります。JAMやりましょう。新しい動画アップしました等、宣伝告知が出来ます。ただし宣伝や告知ばかりだとブログとして糞つまらなくなります。



③思わぬところから依頼が来る
たまたまブログを呼んだ学生団体や企業などから、パフォーマンスの依頼が来る可能性があります。その時のために日々練習しておきましょう。ただし連絡先の明記が必須です。



④表現力を磨ける
上手かろうが下手だろうが全てのフリースタイラーは表現者です。文章を書くことで他者目線・魅せ方を学び、表現力を磨きましょう。蹴りに必ず生きてきます。



⑤ニッチな世界の強みが生きる
Freestyle Footballってとんでもなく世界が狭いです。サッカーのボールコントロールから派生した中の、更にシッティング・エア・アッパー…。はっきり言って変態オタクです。しかし変態オタクである事は全く悪いことではありません。むしろ逆です。ニッチな世界だからこそ情報が少ないのです。そんな中ブログで情報発信を続けたらとても価値が生まれます。



FacebookTwitterだと情報がタイムラインに埋もれます。
ブログは過去の記録・履歴を検索で追えます。
さあ、Freestyle Footballerはブログを始めましょう。