読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

世界で唯一英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる男です。プロフィール写真撮影もしています。

勝負の1年!と謎の決意表明をしている人間へツッコみを入れる

勝負しない1年なんか有り得なくね?!
少なくとも僕の中では有り得ない。今までどれだけのんびりと生きてきたのだ?どれほど全力で勝負の機会を避け続けてきたらそうなるのだ?あなたはリタイアした老人なのか?
勝負事に溢れるこの世界で、勝敗を意識せずに1日を過ごす事は困難を極める。小学生だって学校のテストである意味勝負してるんだぞ。1年どころか1日、いや毎分毎秒が勝負でしょ。



この決意表明で自らを奮起させようとする気持ちも分からなくはない。その年に大事な試験や試合があるとか、大きな決断をするとか。でもな、頭弱く見えてしまうぞ。頭弱い以前に世間知らずのクソガキだよ。温室育ちとはこのことだ。少なくとも僕はそう感じる。



別に僕は松岡修造のような暑苦しい人間ではない。そんな僕でも「毎日少しくらい熱く生きて勝負しろよ?!」と言いたくなる。まあこの決意表明が許されるのはせいぜい学生までですな。社会人になってこの発言してたら痛い。痛すぎる。



短い単位の言葉じゃないと違和感がある。勝負の一瞬、勝敗を決めたワンプレー、みたいな。にも関わらず1年て。まるで緊張感がない。勝負どころというのは常に一瞬だぞ。例えそれが長期戦であっても。というか、緊張感ある一瞬が積み重なった結果として長期戦になるのだ。



金持ちになったり、ある程度年取ったら勝負という気持ちもなくなるのかも知れない。でも少なくとも若い間は何かしらと勝負なり闘いをしようや。
蹴りながらそんな事を考えた日であった。1回1回のボールタッチを大切にしなくてはと思わせてくれた"謎の決意表明人間"よ、ありがとさん。