読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

世界で唯一英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる男です。プロフィール写真撮影もしています。

子供がぐんぐん伸びるFreestyle Football7つの効果

Amazonの教育本のカテゴリーにありそうですね。
自分なりに思うところを書きます。


 
①チャレンジ精神の塊になる
→始めた当初は実現不可能だと思われる技に挑戦することになります。そして、実現不可能と思っていた技が自分の努力次第で出切るようになることを知ります。出来るようになった技を友達に披露すればちょっとしたヒーローになります。それが嬉しくて、難易度の高い技に挑戦していきます。このサイクルにハマれば勝手に上手くなります。
Freestyle Footballは小さな成功体験をたくさん積めるんです。これは小さいお子さんにとって、とても重要なことです。



②常に世界を観察をするようになる
→Freestyleを始めると、自分好みの練習場所を探します。雨風をしのげる所・夜でも明るい所・音をかけても他人に迷惑を掛けない所・自分だけの集中できる特別な所・仲間と大人数でも蹴れる所…等。また、自分より上手い人もよく観察します。自分が出来ない技も分解して観察します。観察眼が育ちます。
 


③自己PRがうまくなる(自分が勝てる分野を研究するようになる)
→Freestyle Footballは表現です。苦手な分野ばかりでも、自分が得意で他人に勝る分野を1つでも見つければOKです。ここが学校のお勉強とは違うところです。また、動画撮影の際は少しでもカッコよく見えるようにカメラの角度・置く場所を考えます。そして大会やパフォーマンスを通して他人への見せ方を学びます。将来的には、就活の面接にも強くなるのはもちろん異性にモテるようになること必至です。



④多様な価値観を受容できる寛容な心が育つ
→多種多様なスタイルのプレイヤーを目にします。座り技のスピードにこだわる人、音に合わせた上半身技を研究する人、足をぶん回すことに命を懸けてる人、全分野を高いレベルで網羅する人…。もう色々な人がいます。
サッカーではヘディングが強いだけ、スローインが遠くに投げられるだけでは上のレベルで活躍することは難しいです。しかしフリースタイルでは1分野だけに偏ったとしても世界レベルで活躍できます。強引に比較をすればFreestyleの足をぶん回す技は、サッカーのシザースをはじめとする跨ぎ技です。跨ぎ技は、サッカーではドリブルなかの更に相手を抜くための技術です。さすがにこの狭い分野だけが凄くてもサッカーでは世界レベルになれません。しかしFreestyleは違います。足をぶん回す跨ぎ技だけでも世界で評価されます。それはそれは異次元の世界に達しているんですけどね。



⑤繰り返しの地道な練習(日本人は大好き)だけでも、天才的な一瞬の閃きだけでも通用しないことを知る。
→反復練習とアイデアのどちらも必須です。アイデアを形にするためには何回も繰り返すことが不可欠です。そうして何回も繰り返していくうちに”これ技になるかも?”と閃くこともあります。時にミスから技を思いつくこともあります。
また、Freestyle Footballって結局生まれ持ったセンスでしょ?と思われている方が多いかと想像しますが、半分合っていて半分違います。センスは伸ばせます。きっかけは色々あります。それこそ反復練習をするうちにコツを掴む場合や、凄いプレイヤー達の動画を見たり、一緒に蹴ったりすることでセンスは伸びます。ただし、伸ばせないセンスも確かにあると思います。センスとか天才と呼ばれる人達については違う機会に書きたいです。



⑥IT社会に強くなる
SNS操作(アカウント作成に始まり宣伝や拡散)・動画編集・音源編集を経験することになります。お子さんが小さい内は親御さんの管理が欠かせませんが、少しずつ部分的にでもやらせてみるといいと思います。
 
 
  
⑦世の中には不条理・理不尽・理解不能な事があることを知る
→多くのスポーツは、誰が見ても一目瞭然な結果が出ます。相手より1点でも多く取れば勝ち、他人より1秒でも早ければ勝ち、です。でも、Freestyle Footballをしていると不可解なジャッジを見たり、時に自分が経験します。明確な基準がないからです。それでいいと僕は思ってます。
人から評価されるってこういうことなのかと知ります。大事な人生勉強ができます。





…見返すと相当無理矢理に書いたところもありますね笑。考え出したら山ほど思い付いたのですが7つに厳選しました。
プレイヤーとしてはFreestyle Footballをゴリ推しますが、ぶっちゃけサッカーだろうが野球だろうダンスだろう将棋だろうと何でもいいと思います。お子さんの興味あることをやらせてあげるのが1番です。
①と④がフリースタイルの特徴・強味ではないかと個人的には思います。世のお父さんお母さんがた、サッカーの空き時間にFreestyle Footballいかがっすか?