フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasato@14か国334日間の旅終了

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

おちょくる

 挑発と遊びの掛け算「おちょくる」。おちょくる方はアイデアがあるから、もちろん楽しい。おちょくられる方も、やべやられたっ!てへぺろっ!てなぜか笑っちゃう。あの雰囲気が大好きだ。
 セルジオ越後氏の言葉が最近頭から離れない。「日本人は遊びを知らないんだよ。」確かにそうだよなと思う。日本社会には”あるべき姿”からほんの少し逸れると、一斉にバッシングを喰らいやすい傾向があると思う。だからおれフリースタイル好きなんだなきっと。 

 

 

 

 

  閑話休題、最近の本のタイトルってどれも似たり寄ったりでキモい。発狂しそうだ。タイトルの最終決定権は、著者・編集者・出版社、誰にあるのか知らないがとにかくキモいお。
 以下、近年の傾向を大雑把に分類してみた。極端系 ex)0歳児のうちに、 数字系 ex)9割、命令形 ex)~しなさい・やめなさい、疑問形 ex)なぜ~なのか?、仮定系 ex)もし~が~したら、成功系 ex)人生が変わる・社長になった、金額系 ex)年収1億以上の、年齢系 ex)20代のうちに、根拠系 ex)~の理由






 これら数パターンを組み合わせることでよりウザさが増していき、おれの血圧は急上昇、体重と体脂肪は増加の一途を辿っている。(ウソである。)
 出版業界がおれをここまで攻め立てるというのなら、こちらにも考えがある。この状況を逆手に取っておれがそれっぽいタイトルを考案してやる。























・なぜ一流の頭は薄いのか?ジダン、スティーブ=ジョブズから読み解く世界の流儀~起業したければ10代で禿げなさい~

・37までは童貞を貫きなさい!年収4億の私が童貞時代に学んだ7つのルール

ヤンゴンっ子は1着のパンツを履きまわす~私がミャンマーで学んだ、世界の9割が知らない幸福な生き方~

・人生で大切な事は2chから学んだ。伝説の営業マンが語る、引きこもりのススメ~偉くなりたければスレと向き合え~

・何が起きても大丈夫~パワハラ上司からの贈り物~

・エリート社畜の育成メソッド100!3歳児までにこれだけ!

・8割辞めれば2割は残る!当たり前すぎて気が付かなかった会社10の常識

東京オリンピックでは英語を使うな~漢字力のススメ~





 こんなところだろうか。”何が起きても大丈夫~パワハラ上司からの贈り物~”は是非どなたかに映画化をお願いしたい。
 どうだ出版業界、おちょくってやったぞおら!今後もわたくしめにどんどんネタをご提供くださいませ!(土下座!)


※上記8つのタイトルに誹謗・中傷・差別の意図は全くございません。