フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasato@14か国334日間の旅終了

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

おすすめ旅行スポットの紹介 第1回 ~山口県角島~

まずは写真をご覧頂きたい。(2013年8月撮影)

f:id:masafreestyle:20160515182913j:plain




「つのしま」と読みます。大変思い出深いスポットなので第1回として投稿をします。詳しい地図や情報については、一般社団法人山口県観光連盟様のHPをご参照ください。http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/11030




下記2点の理由により、車かバイクで行くことを強く勧めます。
①公共交通機関(電車とバス)はあるが、本数が少なく1本逃すと旅程が大幅に狂う。
②綺麗な海岸線の景色を楽しみながらドライブができる。また、橋を越えた先の、角島のビーチにも行ける。
ぼくは新下関駅からレンタカーを使用しました。角島までは、途中道の駅にも寄って確か2時間半くらいでした。道の駅の写真はこちら。真夏に行ったからアイスがうまかった。

f:id:masafreestyle:20160515190015j:plain






この時は1人で旅行してたのですが、角島までのドライブ中に思ったのです。
・海がめっちゃ綺麗
    ↓
・橋の写真撮影したら帰ろうと思ったけど近くにビーチあったら行きたい。(この時はまだ橋を渡った先にビーチがあることを知らない。)
    ↓
・せっかくビーチに行くならギャルと一緒がいい。というか男1人でビーチはあかん。
    ↓
・橋を撮る撮影スポットには人が大勢集まるらしい。
    ↓
・撮影スポットでビーチにご一緒頂けるギャルを確保すんぜ、わっしょーい!!!




 見知らぬ土地にて一緒に遊んで頂けるイケイケギャルの確保という一大ミッションを勝手に背負い込んだ訳だが、何とお誘いすれば良いのか分からず頭を抱えた。ひたすらに悩んだ。悩みすぎて運転中事故りかけた。
 ただ、人間追い込まれるとアイデアが湧いてくるもので、おれは閃いた。自撮り棒が普及していなかった当時、写真撮って欲しくてキョロキョロしているギャルが絶対いるはずだと。そのギャルを見つけたらすかさずカメラマンになることを申し出よう。そして数枚の撮影を終えた後に、この殺し文句できめる。「一人旅をしているものなんですが、あ出身は埼玉の春日部でして、実はこの辺りでビーチを探しているんですがご存じないですか?」





解説をする。
一人旅→これは魔法の言葉である。この一言によって老若男女がなぜか優しく接してくれる。たまに果物とかお菓子をくれる。
・出身は春日部
→これも魔法の言葉であり、春日部出身の人間にとっての特権だ。なぜか?春日部という言葉はクレヨンしんちゃんを連想させるからだ。しんちゃんのように憎めない人に違いないと、無意識のレベルで思ってくれるのだ。おれは角島以来クレヨンしんちゃんを「しん様」と崇拝している。今まで「埼玉なんてダサイタマだろ?w」などと言ってきた人間は、悔い改め半ベソをかくように。





 結果から言うと、この作戦は見事にハマった。広島から来た20代後半のイケイケお姉さん4人とお友達になることに成功した。想定通り一人旅クレヨンしんちゃんに食いついてくれた。お姉さんたちと共にビーチに到着すると、文字通り真っ白な砂浜とコバルトブルーの海が目の前に広がった。

f:id:masafreestyle:20160515195436j:plain







海の美しさ・砂の白さ・この空間をお姉さん達と共有できる喜び…。おれは感動した。
次の写真はお姉さん達が貸してくれたシュノーケリングの道具である。

f:id:masafreestyle:20160515200219j:plain









角島で過ごしたあの日はおれの一生の思い出となった。
名前は忘れてしまったが笑、当時学生だったおれに夢のような時間を過ごさせてくれた綺麗な広島のお姉さん達よ、ありがとう。




イデア・少しの勇気・行動力で人生は変わり得るかも知れないと感じた22歳の夏であった。