フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

教育

恋愛の義務教育化で日本が動き出す。文部科学大臣への提言

「顔面・容姿の偏差値で決まるお子様の恋愛に終止符を!」これは働き改革・労働生産性向上と並び、今後日本中で盛んに叫ばれるキャッチフレーズなのでよく覚えておくように。平安の世から現代に至るまで、和歌から洋楽まで、時代や国を超え常に人類は恋愛に…

不可能を可能にする3つの要素をトリリンガルのフットボーラーが考察する

子供・大人を問わずフリースタイルフットボール教室を日本全国で開催しているmasatoです。教室前・中・後に「どうやったら技が出来るようになりますか?」と幾度となく質問をされます。またTOEIC875点の英語力+スペイン語もネイティブレベルに話すため「どう…

作文が苦手で大嫌いだった僕が今では毎日ブログを更新できるのはなぜか

他者目線で自由に文章を書くから。小中学生の頃の僕は作文が死ぬほど大嫌いでした。にもかかわらず、行事が終わる度に作文を書く時間がご丁寧に用意されてるんですよね。「体育祭を終えて」「修学旅行で楽しかった事」「2学期を振り返って」とか。あ~、今思…

大逆転の合格物語!僕のさいたま市立浦和高校受験ストーリー

今週のお題「受験」 「お前なんか絶対に市立浦和に受かる訳がない。100歩譲って合格できたとしてもサッカー部で落ちこぼれて試合に出場できない事は目に見えている。家から近い春日部高校(県内有数の進学校かつ男子校)を受験しろ。」中学2年生の秋に担任の…

大逆転の合格物語!僕のさいたま市立浦和高校受験ストーリー

「お前なんか絶対に市立浦和に受かる訳がない。100歩譲って合格できたとしてもサッカー部で落ちこぼれて試合に出場できない事は目に見えている。家から近い春日部高校(県内有数の進学校かつ男子校)を受験しろ。」中学2年生の秋に担任の先生から言われた言…

楽しめ!と他人から強要されても本当に楽しめる人間は誰1人としていない

昨年末に偶然少年サッカーの練習を目にする機会がありました。そこで指導者の方が子供達に「楽しくやれ!」と怒った口調で言っていました。何だか訳の分からん言葉だし、子供が可哀想だなと思いました。僕が感じたのは「楽しく練習できる環境を用意できない…

親が子供に強い口調で言っても全く意味のない逆効果な言葉3選

僕は、昔はサッカーコーチとして現在はフリースタイルフットボールを教える者として子供と接する機会が多いんですね。その際に親御さんの発する言葉・意図が子供に全く伝わっていない場面を山ほど見てきました。代表的なものを3つ見てみましょう。①しっかり…

アティトラン湖畔の村サンアントニオ・パロポでのフリースタイルフットボール教室の記録

通算5回目の開催となったグアテマラでの子供向けフリースタイルフットボール教室の様子を写真と共に振り返ります。今回は体育の時間に僕のパフォーマンスを観てもらいました。ご覧のように世界一美しい湖アティトラン湖のすぐ近くのコートでした。技を体験し…

「サッカーは両足で蹴れた方が良いですか?」という問いに対する僕の答え

「お子さんの好きにさせてあげて下さい、ぶっちゃけ趣味の問題なので。そもそも親御さんが介入するようなことではありませんよ(失笑)」 僕は以前サッカーのコーチをしていた経験があります。僕が両足でボールを蹴れたからか、定期的に聞かれる質問でした。不…

カンテルでのフリースタイルフットボール教室の記録~グアテマラ通信

滞在中のシェラから1時間ほどのCantel(カンテル)という街にて、昨日フリースタイルフットボール教室を開催してきました。前回と同じく、今回もJICAの方が勤務される小学校へお邪魔させて頂きました。午前中を全て使い、小学1~6年生まで、40分×6コマをやら…

アティトラン湖でのフリースタイルフットボール教室の記録【グアテマラ通信】

「世界一美しい湖」アティトラン湖湖畔の村、サンタ・カタリーナ・パロポの小学校にて先日フリースタイルフットボール教室を実施しました。偶然知り合ったJICAの方をつてに、彼女の勤務される小学校にお邪魔しました。その時の様子を写真でお届けします。な…

グアテマラの教育現場で遭遇した驚きの光景~授業中にものを食べるのは当たり前

昨日「世界一美しい湖」と称されるアティトラン湖の観光拠点パナハッチェルから少し離れたサンタカタリーナパロポという町の小学校へ行きました。というのも去年JICA隊員として小学校にてボランティアをされている方と知り合い、体育でフリースタイルフット…

英語が特殊能力だった時代をいつまで引きずるの?海外生活中の我々が大迷惑を被ってる話

外国人が「日本人は礼儀正しい」と言う時の本当の意味を知ってますか?「あいつらは何もクレームを言ってこない大人しい奴らだから楽勝だ」て意味ですよ。舐められまくってるんですよね。先人達が世界中にこの認識を広めてくれたお陰で、海外生活中の我々は…

男の子に「なぜ勉強するの?」と聞かれたらこの切り返しで勝負アリ

「勉強できた方がモテるよ?女の子にモテたくない?」これ以上の回答はない。読書もしない語彙力ゼロの馬鹿男は一目惚れした女性を口説く時「きみヤバいね、ヤバいカワイイね」とでも言うのだろうか。語彙力があれば自分の言葉で意中の女性に想いを伝える事…

学校の先生の話は半分以上聞き流していいと思うに至った

・学校なんてめちゃくちゃ狭い世界だから・先生達は実社会での経験が少ないから(または無いから)先生達は世間とズレてもおかしくない。というか先生達は教員生活が長いほど世間からズレるように宿命付けられている。例えば「いいから黙って言うことを聞け!…