グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

2017-11-05から1日間の記事一覧

南米の希少動物ビクーニャの登場は、野生のピカチュウ出現と同じノリだった

あっ、野生のビクーニャが現れた!チリの国境にほど近いボリビアにてその高品質な毛皮から乱獲され、かつては絶滅の危機にあったビクーニャ。近年は保護政策の下で徐々に数を増やしてきました。ボリビアからチリ北部アタカマ砂漠に抜ける2泊3日のツァー中に…