フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@中南米放浪中

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

人生を好転させる簡単な方法。言い訳を今すぐやめること。





コロンビアでの獅子舞の経験から今日のブログを書いてみます。f:id:masafreestyle:20170924115132j:plain
(獅子舞の中身は僕ではなくコロンビア人のエルナン。こいつは即刻日本獅子舞界にスカウトすべき逸材)



ヨコイケンジさん(コロンビアと日本のハーフの方で、講演会など様々な活動をされています)のオフィスを訪ねて3日目の夜のことでした。翌日の講演会まで10時間を切った頃に急に「獅子舞に襲われる酔っ払いの役を舞台でやってくれませんか?」と無茶ぶりをされたんですね。その瞬間僕はこう思いました。



「なぜこんな急に言ってくるんや、やれる訳がない、失敗したら恥ずかしい、やりたくない、ていうか酔っ払いってなんやねん!こいつ頭おかしいんちゃうか!」と。



そんな僕の思いは完全に無視され、ケンジさんをはじめ運営側では僕が酔っ払い役で決定の運びなんです。コロンビア人、ていうかラテンの人って本当にこんな感じなんですね。もう超無茶ぶり。無計画にもほどがある。一緒にちょっとボールを蹴っただけの素性もほとんど知らない外国人旅行者に大役を任せちゃう感じ。しかしここで引き下がるのはラテンのノリに負ける事になると思い、半ばヤケクソで引き受けさせてもらいました。結果的に3回も舞台に立ちました、酔っ払い役で。2回目なんてお客さんが2000人もいたそうです。我ながら良くふらつく千鳥足を頑張りました。



以前の僕なら500%拒否していました。やってもいないのに「出来ません」と言っていたに違いません。人間と言うのはもっともらしい言い訳を思いつくという点では誰しもが天才です。「獅子舞なんて知らない」「本番の10時間前に急に言われても無理」「大勢の前で披露するレベルにない」「人前に立ったことがない」「酔っ払いの演技なんて知らない」辺りでしょうか。



でも、そんな中でも頑張った経験が大きな一歩になります。今後僕は獅子舞に襲われる酔っ払いをいつでも演じことができます。(ただし海外限定)ていうかあれですよね、海外の人は僕が酔っ払いをどう演じようと「あ、これが正式なものなんだ」と思ってくれるし、そもそも「獅子舞に襲われる酔っ払いのプロ」とかたぶんいねーし。笑



なぜ言い訳してるのかと考えると、ちっぽけな自分のプライドを守る為に・ダサい自分を晒したくないが為に必死こいて人間は言い訳を考えるんですね。保身も含まれますね。そう考えるとなんか可愛いっす。大丈夫だ!2000人の前で酔っ払いやる方が恥ずかしいから安心しろ!
ということで、言い訳をやめてみると何かが変わり始めるかも知れません。




コロンビアは治安が悪く危険な国?それは過去の認識になりつつある





コロンビアと聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?治安の悪いスラム街・薬物やドラッグの国・警察とマフィアの銃撃戦、といった辺りかと思います。僕もコロンビアはとても危ない国だと思っていました。でも実はそんな事はないんだよとご紹介したいです。



コロンビアにはわずか1か月しか滞在しませんでしたし、首都ボゴタ周辺・及び国内第2の都市メデジン周辺を旅しただけです。もちろん、危険な目に遭われた人もいるでしょうし昨年には日本人が亡くなるという悲しい事件も起きました。ただ、それでもコロンビアが危険な国だとはとても思えませんでした。夜も出歩けるしみんな超親切だし。首都ボゴタの様子を写真でご紹介しますね。



カンデラリア地区のお洒落な壁画の数々。f:id:masafreestyle:20170923120817j:plain

f:id:masafreestyle:20170923120909j:plain

f:id:masafreestyle:20170923120949j:plain

f:id:masafreestyle:20170923121046j:plain

f:id:masafreestyle:20170923121255j:plain



高層ビルも数多く立っています。f:id:masafreestyle:20170923121413j:plain



いわゆるスラム街と言われる南部シウダーボリバルからの眺め。f:id:masafreestyle:20170923121920j:plain
ヨコイケンジさんに連れて行ってもらいました。ここからの眺めが一番綺麗でした。人口800万人以上をかかえる大都会です。



油断するのは危ないし幸運に何事もなく旅を継続できているとは思いますが「コロンビアは危ない!」という日本人のイメージはぶっ壊しにいきたいです。なにより美女の宝庫ですからね。笑

日本人(特に男性)の皆さん!是非コロンビアへ足を運んでみて下さい。



知られざる美食の国ペルー。海鮮料理がまじで美味い





グアテマラでも食べたセビーチェ。ピリ辛さとレモンの酸味が絶妙にマッチ。f:id:masafreestyle:20170921113630j:plain
下に隠れてるサツマイモも甘くて美味。お値段12ソル(約400円)



イカスミパスタ。f:id:masafreestyle:20170921113732j:plain
エビとイカ入り。お値段38ソル(約1300円)



日本ではあまり知られていませんが、南米ではペルーは美食の国として知られています。魚介を日常的に食べたり醤油で味付けもするので日本人好みの味です。海鮮チャーハンもありますよ。是非食べたいのはクイ(テンジクネズミ)やアルパカ・リャマの肉。味わうのが楽しみです。




あなたが憧れの人に会う3つの方法。コロンビアでヨコイケンジさんに会った僕の場合





①メールなりSNSでコンタクトを取る
②その人物がいそうな場所に直接行っちゃう
③その人物に自分の能力を提示し面白いと感じてもらう



好きな小説の著者や海外で活躍するスポーツ選手等、一度は直接会って話がしたい憧れの人物っていますよね。僕はグアテマラ時代にその存在を知りファンになった方にお会いしてきました@コロンビア。その名はヨコイケンジさん(写真右)f:id:masafreestyle:20170920142651j:plain日本での知名度は低いかもしれませんが、中南米では絶大な人気を誇るスーパースターです。日本とコロンビアで子供時代を過ごされたハーフの方で、ご自身の経験をもとに教育や生き方についてスピーチをされたりと精力的に活動されています。詳しくはググってみて下さい。



そんな憧れのスーパースターと会って話をするだけでなく、ケンジさんが代表を務める団体で一週間ほど活動をさせてもらいました(獅子舞に襲われる酔っ払いの演技を2000人の前で披露したり、キャンプに参加してパフォーマンスをさせてもらったり)なぜそんな事が可能になったのか、なぜ憧れの人と会うだけにとどまらず共に活動をさせてもらえたのかを振り返ると最初の3点を思いつきました(ただし②は大迷惑になる可能性があるので要注意)



ここまでSNSやネットが発達した現代です。自分の想像以上に世界は近いものになっています。これらのテクノロジーを用いないのは非常にもったいない。しかも器の大きな人物ほど優しく接してくれます。その器に乗っちゃいましょう。急に現れた僕にも優しくしてくれたケンジさんには大変感謝しています。必要なのは行動を起こすほんの少しの勇気でだと思います



僕がボールと共に中南米を旅をするに至った経緯~27歳の誕生日に代えて自己紹介をします





ブログタイトルにも長ったらしく書いてありますが、改めましてフリースタイルフットボーラ―&トリリンガルカメラマンのmasatoです。27歳の誕生日を迎えたこのタイミングで簡単に自己紹介をいたします。



【略歴】
1990年9月19日生まれの乙女座。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身です。幼少よりサッカーを始めました。市立浦和高校卒(サッカー部)→明治大学政治経済学部卒。大学卒業後は創業130年以上のブラック企業(メーカー)にて人事として2年間勤務(2014年4月~2016年4月)しました。が、サービス残業(残業代未払い)等労働基準法無視のあまりのブラックさに退職。2016年11月より中米グアテマラで200日間スペイン語を学び、現在は南米を旅しています。このブログをアップする頃にはコロンビアからペルーに移動しています。



【スペック・見た目・性格】
173cm、62kgのトリリンガル(3か国語話者。TOEIC875点・スペイン語検定4級・日本語は母国語)普段はメガネをかけている。顔が濃い。顔が濃い上に、現在は髭を生やしている為に顔がとても濃い。また髪の毛を伸び散らかしており浮浪者一歩手前のルックスを行き来する日々。常に日に焼けており、歯並びがいい。
一般的に治安が悪いと言われる中南米を旅していることから勇気があると思われがちだが実は小心者・ビビり・心配性。最近はホテル内で死角から現れた女性にビビり大声を上げた@コロンビア。思い切りの良さと行動力を兼ね備える一方で、女々しさも同居する。女々しさは全て乙女座のせいにしている。
 


【僕の活動内容】
高校時代の怪我の影響によりサッカーを引退し、かねてから興味のあったフリースタイルフットボール(サッカーボールを使ったリフティングの技)を2011年より始めました。一見再現不可能に見える技でも、練習と工夫で習得可能となる過程がとても楽しいスポーツです。現在は中南米の子供に向けた教室をスペイン語で開催しています。
また、英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガルカメラマンとしても活動中です。プロフィール写真撮影をおこなっています。



【今後の目標】
①生きるを伝える講演会の開催
ブラック企業での過酷な勤務により、退職日前日に僕は病院送りとなりました。僅か2年間の勤務で心も体もボロボロになりました。東証一部上場の企業でしたが日本の闇を体験しました。あの日を境に自分は一度死んだものと考えるようになり、治安が最悪と言われるグアテマラにも飛び込むことができました。特に若者に向けて生き方を問う講演会を開催したいです。

②日本中、世界中でフリースタイルフットボール教室の開催
日本語・英語・スペイン語でフリースタイルフットボールを教えることが出来る世界で唯一の男です。フリースタイルを通じて不可能を可能とする喜びを伝えたいです

③写真集の出版
特にグアテマラの美しさを伝えたい。

④英語・スペイン語の教室
これは年をとってからやりたいです。



今後もしばらくは世界を旅するつもりなので日本でサービスを提供することは難しいのですが、ご興味を持って頂けたら僕のホームページをご覧下さい。料金など記載しています。僕が今後訪れる国にお住まいの方は現地にてサービス提供が可能です。



27歳の誕生日をまさか南米で迎えるとは思いもしませんでした。今後ともどうぞよろしくお願い致します。ボールを蹴っている動画はこちらです↓

www.youtube.com




 

キューバで憧れのクラシックカーの運転手になってみた





「いかがですかお嬢さん?」f:id:masafreestyle:20170916003614j:plain



一時間で3000円程度と、そこまで安くはないですがキューバに来たら是非一度はクラシックカーの乗ってみて下さい。風が気持ちいいですよ。「複数人で乗るから安くしてよ」等、運転手との交渉を頑張って!




コロンビアでのフリースタイルフットボール教室の記録@サンビセンテ





「コロンビア第二の都市」メデジンからバスで1時間ほどの田舎町、サンビセンテにてフリースタイルフットボール教室を開催しました。カッコつけて「教室開催」とか言ってますが、週末のフィエスタ(お祭り)に来てたその辺の子供に技を教えてただけなんですけどね笑



まじのストリートにて指導
f:id:masafreestyle:20170914125047j:plain



お手本を披露中f:id:masafreestyle:20170914125149j:plain



ネックキャッチは定番ですねf:id:masafreestyle:20170914125330j:plain



「何て説明すれば伝わるかな~」の顔&首の傾きf:id:masafreestyle:20170914125524j:plain



技を真似しろよwf:id:masafreestyle:20170914125734j:plain



ギャラリーにはこんなコロンビア美少女達がいたんだぜ。将来が有望すぎるぜ。f:id:masafreestyle:20170914125928j:plain



わくわくさん、楽しい時間をありがとうございました。ピザがめちゃくちゃ美味かったです!