フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasato@14か国334日間の旅終了

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

双子の兄弟がサッカー日本代表に登り詰めるまで。「あきらめない勇気」3つの見所







「あきらめない勇気 困難に立ち向かう君に贈る75の道標 / 佐藤勇人+佐藤寿人著 / 東邦出版」
f:id:masafreestyle:20171211231132j:image
1,500円+税




日本サッカー界の佐藤勇人(ゆうと)・寿人(ひさと)兄弟をご存知でしょうか?埼玉県春日部市出身の双子のサッカー選手であり「日本サッカー界史上初となる双子選手の国際Aマッチ同時出場」という偉業を成し遂げたスーパー兄弟です。
僕が小学生の頃所属していた春日部大増サンライズFCというチームの大先輩であり、僕の永遠のスター選手でもあります。お2人が共著で本を出されたということで1年間に渡る中南米の旅から帰国し、即購入・読了しました。




僕の考える本書の見所は3つです。



①今まで知らなかった佐藤兄弟の挫折
→高卒からプロ選手生活を始め、日本代表に選出されたりJリーグチームキャプテンを務めたり。僕は二人の華麗な経歴しか知らなかったので子供時代から全てが順調なサッカー生活なのだと勝手に思っていました。しかし後に日本代表やJリーグを代表する選手となる2人にも苦しい時期があった事が分かります。個人的にはジェフのジュニアユース(中学生年代)加入時の苦悩が印象的でした。




②勇人選手のぶっちゃけ具合(笑)
→昔から「勇人はやんちゃだった」「ユース(高校年代)でサッカーを2度止めた」などワイルドな武勇伝は何となく耳にはしていたのですが、本書ではかなり詳細に書かれています。よくここまでぶっちゃけたな~と思いましたが、恐らく本に書かれているものなんてごく一部でまだまだあるんでしょうね(笑) 
僕もグアテマラを始め南米各地で少しばかりやらかしてきたので(笑)、いつか2人でお話したいものです。




③2人の関係性
→「劣等生の兄(勇人)と優等生の弟(寿人)」という記述や写真があるように、キャラクターの違いから特に思春期にはぎこちない関係だった2人。しかしサッカーを通じて互いを刺激し合う姿やチーム移籍の相談をする場面には臨場感がありドキドキしながら読み進めました。
兄弟よりも更に近くて深い「双子」という特別な関係が2人の人生を作り上げている事が分かります。





小学生~高校生までの、僕が1番サッカーに熱中していた頃に活躍していた選手達の目線で綴られた発言やエピソードも大変興味深かったです。僕はオシム監督の登場シーンが好き(笑)
年齢(現在35歳)的にもこういう本を出されたという事からも、プロサッカー選手生活の終わりを意識されているのだと想像します。本書を読み終えてより一層カッコ良く映るお2人には、少しでも長く現役選手としてプレーをして欲しいものです。そして引退前に是非一緒にフリースタイルフットボールをしたい!






【私のホームページはこちら。コンタクトはお気軽にどうぞ↓】https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

【世界各地をボールと共に旅したYouTube映像はこちら↓】

www.youtube.com

 








ジャマイカってどんな国?美しきカリブ海とボブ・マーリーの祖国を映像でお届け!







今年の8月に行ってきましたカリブの国ジャマイカを映像でお届けします。

www.youtube.com





見どころは3点。
サザエさんヘアスタイルの少女のはしゃぎっぷり
②ビーチで一緒にボールを蹴った男のオーバーリアクション
③ジャマイカ風髪型への挑戦




ジャマイカの美しいカリブの海でまた遊びてぇ。世界各地でフリースタイルフットボールをする本シリーズはまだまだ続きます。






【私のホームページはこちら。コンタクトはお気軽にどうぞ↓】https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

【南米ペルーの映像はこちら↓】

www.youtube.com

 







¿Cómo es Shibuya, una ciudad de Tokyo Japón? Vamos a caminar Shibuya!







¿Quieren saber como es la vida en Japón? Yo les hice un video a ustedes Latinos y Españoles para comprender Japón.
www.youtube.com





Venganse, pruebelo y disfrutense. Yo espero aqui. 






【Mi pagina para comunicame↓】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/

【Mi Instagram↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

【Mi YouTube↓】

www.youtube.com

 






朗報!仕事に就けず人生を悲観している人にとっておきの解決策をお教えます







仕事なんて自分で創っちゃえばいいんです。




書類選考で落ちる・面接に受からない・正社員登用は難しく契約社員でしか働かせてもらえないと言われた…。それならいっそ創っちゃいましょうよ、自分で仕事を。
そもそも「職に就けない」という発想が弱々しいです。それって超受け身じゃないですか。会社への就職活動って、誰かに作ってもらった既に存在している場所・ポジション(営業とか経理とか)にお邪魔しに行くんでしょ。そりゃ搾取もされますって。自分で仕事してれば思い通りにできますよ、少なくとも会社員よりは遥かに自由に。




僕は中米グアテマラという人脈ゼロの未知の国で、また南米諸国で自分で仕事を創って稼いできましたよ。
f:id:masafreestyle:20171211140808j:plainf:id:masafreestyle:20171211140831j:plainf:id:masafreestyle:20171211140858j:plain
(写真はストリートパフォーマンスで稼いだ分だけなので少ないですが他の事ではもっと稼ぎました。悪い事はしてません。)




困ってる人を助ける・他人の役に立つ・人を喜ばせたり感動させる等、そういう所にお金は発生します。そういうことが仕事になります。そんなに大それた難しい話ではありません。月曜から金曜までオフィスに通う会社勤めのサラリーマンだけが仕事じゃないんです。従来の仕組みがガラッと変わる時代を我々は生きています。いい機会だから面倒で作業的なものはどんどんAIに取って変わってもらいましょうよ。




とは言っても明日食べることに困っている状況で自分で仕事を創るのは中々厳しいので、まずはコンビニのバイトでもしましょう。バイトいいじゃないですか確実にお金が入ってくるんだから。バイトすることも実家で世話になることも何も恥ずかしい事ではありません。変な高額セミナーに引っ掛かって何百万もドブに捨てる方がよっぽど恥ずかしいです。くそみたいなプライドに身を滅ぼされる方がよっぽど恥ずかしいですよ。最後にもう一度言いますが、仕事なんて自分で創っちゃいましょう。







中南米で自力で稼いできた私のホームページはこちら。コンタクトはお気軽にどうぞ→】https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTubeはこちら↓】

www.youtube.com

 








親が子供に強い口調で言っても全く意味のない逆効果な言葉3選







僕は、昔はサッカーコーチとして現在はフリースタイルフットボールを教える者として子供と接する機会が多いんですね。その際に親御さんの発する言葉・意図が子供に全く伝わっていない場面を山ほど見てきました。代表的なものを3つ見てみましょう。




①しっかりしなさい
→「ちゃんとやりなさい」なんかも同じです。何を・どうしっかりすればいいのか全く分かりません。子供は子供なりにしっかりやっているんです。それなのに大好きなお母さんお父さんから強い口調で否定されたらションボリします。ションボリする上に混乱します。幼い子供だと特に。対策としては「18時までにはお片付けしてね」「3回は繰り返してね」等、数字を用いるのが良いと思います。




②気を付けなさい
→何に気を付けるべきなのか、何が危険なのか全く伝わっていません。「道路で遊んでいると車に轢かれる可能性があるから公園で遊んでね」等、具体的に危険を伝えてあげて下さい。




③早くしなさい
→これも同じ。具体的に何時までに終えて欲しいのかを理由と共に伝えてあげて下さい。




3つに共通するのが具体性に欠けるということです。抽象的な言葉では子供に全く伝わりません。子供だけでなく大人にだって伝わりませんよね。上記3点に代表される言葉は子供を混乱させるだけです。
子供への伝え方がこうも壊滅的だと、本音で申し訳ないのですが「セックスレスなんだろうな~」「めっちゃセックス下手そう」「たぶん独りよがりなセックスしてる」など余計な事を想像してしまいます。だって他人に自分の意志を全く伝えられないんだもん!笑




と、27歳の小僧が偉そうに申し上げましたが他人の姿はよく見えるものでして僕も日々修行中であります。子供にイライラして強い口調で言ってしまう場面もある事と思います。そんな時は具体的な数字や言葉でお子さんに接してみて下さい。






【私のホームページはこちら。コンタクトはお気軽にどうぞ↓】https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTubeはこちら↓】

www.youtube.com

 







masato講演会「常識に縛られずに生きる」の様子をYouTubeにアップしました







2017年12月7日(木)に茨城県古河市で開催した僕のお話の様子をYouTubeにアップしました。
www.youtube.com

約52分と少し長いのですが、お時間のない方は24:29からお聞き下さい。




お話の途中に音楽に合わせたフリースタイルフットボールのパフォーマンスを入れたり旅をしてきた各国の写真をお見せしたりと、時間を長くすることも出来ます。これから進路を決める学生や生き方に迷う大人等、お話する対象によって内容も変更可能です。ご興味を持たれた方は下記ホームページよりお問い合わせ下さい。






【私のホームページはこちら。コンタクトはお気軽にどうぞ↓】https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTubeはこちら↓】

www.youtube.com







若者に「世間は甘くないぞ」と大嘘をつく老害へ27歳のおれが全力で喧嘩を売ろうじゃないか







お前らにとって「世間は厳しい」方が都合がいいんだよな。「世間は実は優しさや親切心に溢れている」となると、お互いに助け合う相互援助の輪の中に加わる事になるもんな。それが面倒で負担で嫌なんだろ。結局はズルくてこざかしいみみっちい人間だってことよ。
だからお前らは「世間は厳しい」というちっぽけでちんけなイメージを若者に吹き込むことに必死なんだよ。お前ら老害のミジンコみてーに小さい世界観を純粋無垢な若者に押し付けるのは、もう犯罪として取り締まっていいレベルだとおれは思っている。現在の生きにくい日本社会を作り上げた大きな要因の1つだよ。くだらん妄想を押し付けるな。




「世間は厳しい」と思い込んでいるお前らの人生ってそれはそれは寂しいだろうね、同情するよ。自分が寂しいから他の人が苦しんでいるのを見ると安心するんだよね。いや、それだけに留まらず苦しむことを強要さえする始末。「厳しい世間でおれは頑張ってきたんだからお前らも苦しんで努力して大変な思いを沢山しろ!」ってね。「世間は優しくて親切なんだよ」なんて言う人間がいようもんなら全力で潰しにかかることでしょう、過去の自分を否定される事だからね。見るも憐れな老害、ここに完成って訳だ。




約1年間に渡っておれは中米・南米を旅してきた。世界で最も危険と言われる国々・地域の1つだ。お前ら老害が怖気づいてビビッて一生足を運べない場所と言えばイメージしやすいと思うんだけど、どうだろう?
グアテマラ・メキシコ・キューバ・ジャマイカ・コロンビア・ペルー・ボリビア・チリ等いろいろな国に行ったけど、危ない危ないと言われる世界の国々は日本よりも遥かに温かく親切で優しかったよ。それはおれがブラック企業で2年間もの時間を無駄にした自分を許し認めたからだ。各国で無償のフリースタイルフットボール教室を開催して沢山の人の役に立ち、知識や技術を与え続けたからだ(グアテマラでは150人以上に教えた)。 最悪死んでもいいと腹を括って行動を起こし続けたからだ。だから多くの人がご馳走してくれたり無料で泊めてくれたりパフォーマンスの機会をくれたり、本当に様々な協力をしてくれた。物とかそんなレベルではなく愛を感じるほどにおれを大切にし尊重してくれた。それは「自分は愛されて大事にされるに値する人間なんだ」と本気で信じた結果なんだよ。だから世界はおれに愛を持って優しさを返してくれた。だからね、おれの生きてる世界ってある意味ですげー甘いし親切だしとっても優しいの。すごく心穏やかで幸せなのよ。




「世間は甘くないぞ」と吹聴する老害というのは、世界から愛された経験がない可哀想で憐れな連中なんだよ。自分のことを本気で信じた経験もなければ覚悟を持ったこともないの。彼らの世界はさぞかし冷たくて灰色なんだろうね。
だから若者よ、「世間は甘くないんだぞ」とか抜かしてる老害のことなんか気にするんじゃない。世界は本当はとても優しいんだ。覚悟を持って行動し続ける人間には必ず支援者が現れるよ。おれの経験から言ってこれは間違いない。優しい世界を堂々と歩んでいって欲しい。






【私のホームページはこちら。コンタクトや講演会依頼などお気軽にどうぞ↓】https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/

Instagram はこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTubeはこちら↓】

www.youtube.com