フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@中南米放浪中

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

ペルー料理ロモ・サルタード(牛肉の野菜炒め)が美味い





クスコのレストランにて。f:id:masafreestyle:20171015063043j:plain
スープ・ドリンク・デザート付きで驚異の6ソル(約200円)



ペルー料理では味付けに醤油を用いることがあり、このロモ・サルタードもほんのり醤油の香りと味がします。ペルー料理は日本人の口に合いとてもおいしいです。




アンダルシア地方セビージャのスペイン広場でお馬さんタクシーはいかが?





アンダルシア地方ではいまだに気温は30°超えです。f:id:masafreestyle:20171017071539j:plain
青空に映えます



僕は一度も乗った事がありませんが笑、セビージャにてお馬さんタクシーはいかがでしょう?




スペイン南部アンダルシア地方・カディスの街角がおしゃれ|今日の1枚





バイクがええ感じ。f:id:masafreestyle:20171016082240j:plain



アンダルシア地方の強烈な太陽とカラフルな建物がマッチします。




アンデスの高山病対策に効き目抜群?! インカ伝統のコカ茶





見た目は日本の緑茶みたい。f:id:masafreestyle:20171015063508j:plain



ペルーに入国すると必ず飲むことになっております、その名もコカ茶。コカインの原料となるコカの葉をカップに入れお湯を注ぐだけ。僕は匂いがあまり好きではありませんでした。これを飲んでも別に気持ち良くなって昇天したりはしません。高山病の対策として伝統的に飲まれています。



出国の際にコカの葉を誤って持ち出さないよう十分お気を付け下さい。




チリの首都サンティアゴに到着してぶったまげた5つの事。すんげー先進国に来たようだ。





チリについてのイメージはワイン・地震・漁業くらいしかありませんでしたが、首都サンティアゴに到着して色々と驚かされました。



①チリは超が付く先進国
→ゴミが落ちていない、野良犬が道にいない、車が信号守る、クラクションをほとんど鳴らさない、高層ビルの数々、僕を見ても「チーノ」(中国人)とか言ってこない…何て先進国。街並みもとても綺麗です。f:id:masafreestyle:20171013112741j:plain街中の公園から高層ビルをば。



②美人が多い
→美人の多い国の頭文字を取った「中南米の3C」なる言葉をご存知ですか?コロンビア・コスタリカ・チリの3ヶ国です。確かにチリには美人が多い。



③日が長い
→20時頃まで明るく子供が外で遊んでいます。



④物価がめちゃ高い
→日本とほとんど変わらない印象です。今までの国々では一泊600円~700円ほどでそこそこの宿泊施設に滞在出来ていました。しかしチリでは倍以上の2000円近く払わないと宿泊さえ出来ません。今まで安い国で生活していた為にギャップに驚かされます。



⑤街中からアンデスの山々が見える
→こんな感じです。f:id:masafreestyle:20171013112544j:plain山頂は雪かぶってます。



南米の国ですがヨーロッパの様な印象です。良い所です、チリ。




チリ北部アタカマにて風となる!砂漠を駆け抜けるサンドボードが超楽しい





景色良しf:id:masafreestyle:20171012084428j:plain
もちろんズッコケた



先日、南米大陸中央部のボリビアから陸路でチリへと入りました。到着した町の名はサンペドロ・デ・アタカマ。世界で最も乾燥した砂漠として知られるアタカマ砂漠で有名です。この砂漠では星空がとても綺麗に観察出来る為、日本をはじめとする世界各国が観測所を設置しています。



そんなアタカマに到着するや否や目に飛び込んできたのがサンドボードのツアー案内。スノーボードを砂漠でやっちまおうというアクティビティです。事前に何も情報を持っていなかったのですが「絶対面白そう」との直感の下に即申し込みました。



インストラクターの運転のもと10分ほどで砂漠に到着しました。開始前には基本動作を教えてくれます。f:id:masafreestyle:20171012093857j:plain
全員ほぼ初心者の3人



もちろんリフトなんてものはないので自力で砂漠を登ります。f:id:masafreestyle:20171012094516j:plain途中ズボズボ埋まる。



名前忘れたけどこんな虫も見かけます。f:id:masafreestyle:20171012094654j:plain昔ポカリのCM出てた気がする



僕は9:30~12:30の午前ツアーに参加しましたが、16:00~19:30の午後ツアーもあります。専門的な用具の準備は一切要りません。むしろ短パンで来るようにと言われました。料金は18000ペソ(約3200円)+砂漠入場料3000ペソ(約540円)でした。料金安くないし日に焼けるし疲れるし全身砂まみれになりますが、それを差し引いても超楽しいツアーです。アタカマにお越しの際は砂漠での星空観察だけでなく、サンドボードにもご参加ください!




ボリビアのウユニ塩湖は夕暮れ時が美しい





徐々に色に染まっていく白の世界。f:id:masafreestyle:20171011132647j:plain



拡大してみる。f:id:masafreestyle:20171011132744j:plain



今日にさよなら。f:id:masafreestyle:20171011132901j:plain



日が暮れ始めると一気に寒くなります。